スポンサーリンク

献立8-2・チキンの味噌漬け焼き

スポンサーリンク
第8回一週間レシピ

はい2品目!

チキンの味噌漬け焼き

今回のネーミングはとてもシンプルです。チキンの味噌漬け焼き。この肉や魚を漬け置きにして焼くというのは、実はとても簡単で、その割にバリエーションが付けやすい方法なので、今後も活用していきたい料理法です。今回はシンプルに味噌漬けにして、フライパンを使わずにグリルにしていきたいと思います!

では、始めましょう。分量は2食分です。一人暮らしの人は2回に分けて食べるか、いっぱい食べる人は全部食べてもいいですよ!

料理について基本的なことから知りたい、このレシピを読んでいて分からないことがある、またはお得な情報が知りたいと思われる方はこちらを読んでいただけると良いと思います。

レシピの読み方~料理の奥深くまで
自炊を始めるときに分からないことってたくさんあります。何を買えばいいのか、調理器具や調味料は何を揃えればいいのか、包丁の使い方や楽な料理方法まで。いろいろとご紹介しています。

使うものはこちら!

()内は使っている量と切り方を記しています。

鶏もも肉     (150g2枚漬け置き済み)

キャベツ     (1/6個縦半カット)

ナス       (1本)

長ネギ      (1本1㎝ざく切り)

小松菜      (1/4束5㎝ざく切り)

ちなみにすでにしてある下ごしらえや準備はこちらで!

第8回一週間レシピ準備
明太チーズ焼き、チキンの味噌漬け、チキンハンバーグ、牛肉となすのニンニク炒め、シラスと明太のカルボナーラ、たっぷり野菜の牛丼、チキンスープカレーの一週間分の準備の回です

作り方

・ナスを切ります

ナスのヘタを落とし、縦に半分に切ります。皮目に切れ込みを入れて隠し包丁とします。

・小松菜に火を入れておきます

ポーション袋のまま口を開けて600w1分ほど加熱します。

・チキンを焼いていきます

チキンはあらかじめ一時間ほど常温に出しておくと焼きやすいです。

もしコンロに魚グリルがあればそれを使って、なければトースターで焼いていきます。

魚グリルの場合、網の下に水を敷いて皮目を下にして弱火でまず8分焼いていきます。裏返してさらに3分ほど焼きます。ちょうどよい焼き色になったら大丈夫。焼きすぎると焦げるので注意しましょう。

トースターの場合はアルミホイルを敷き、強火で皮目を上にして15分焼いていきます。

・野菜を焼いていきます

トースターで野菜を焼いていきます。チキンをトースターで焼く場合は一緒に入れて大丈夫です。

キャベツ、ネギ、ナスに塩を振り、油を少量かけてトースターで焼いていきます。アルミホイルを下に敷きましょう。チキンと同じく15分ほど焼きます。

・小松菜に味をつけておきます

ごま油少々と、つゆの素少々で和えておきます。

・盛り付けます

皿に野菜を盛り、焼いたチキンを乗せ、その上に小松菜を飾って、完成です!

グリルで焼く場合とトースターで焼く場合で少し工程が変わるので注意しましょう。チキンの味が強いので、野菜の味付けは最小限にとどめてあります。でも、焼いた野菜は炒めた野菜とは一味違うので、塩だけでも十分おいしく食べられると思いますよ。見た目的には魚グリルで焼いた方が美味しそうに焼けますよ!

ちなみに一週間レシピではおかずを一品しか用意していません!

(理由は「おかずは何品がベスト?」を参照)

ですが、もう一品ほしいな、ってときもあるでしょう。そんな時はこちらをご覧ください!

和洋中!プラス1品に最適!スープのおススメレシピ
自炊をしていてもう一品ほしいなというときに最適なスープのレシピを集めました。使いきれなかった食材で作れるから1人暮らしで活用できる、和洋中いろいろなジャンルスープまとめ。

次の料理は「ヘルシーチキンハンバーグ~シラスあんかけで~」です!

コメント